• HOME
  • 問題解決事例

こんな問題を抱えておられませんか?
ホロンは問題解決のお手伝いをさせていただきます。

ホロンの省配線の特長

高速通信(4MBPS) での運用が可能です。最速34uS( 入力16 点/ 出力16 点) の応答性能を実現できます。リアルタイム性能が必要な制御装置にもご利用いただけます。    通信速度を低速に設定することにより、総延長距離を最長10,000m までデータ送受信が可能です。広大なエリア( 工場・施設) における遠隔監視・制御にもご利用いただけます。    端末機器全ての状態を上位インターフェース機器から逐次チェックすることができます。機器故障等によるトラブル発生時に早急に原因究明、対応することができます。   通信ケーブルの特性や使用環境に伴い信号遅延が発生します。通信ウェイト機能を活かす事により、通信遅延に絡む不具合を改善することができます。   上位インターフェース機器から一括で全機器の通信速度を変更することができます。システム施工後や作業性の困難な環境下、端末機器の設定を変更することが難しい場合に便利な機能です。(※一旦電源を切るとスイッチ設定されたもとの通信速度に戻ります。)   リピータユニットをご利用いただくことでスター型の配線形態が可能となり柔軟にケーブルを配線していただくことができます。    

2011年05月17日

省配線の概要

省配線ネットワークとは  省配線通信技術を利用することで膨大な本数の信号線を2 本の通信線に置き換えることができます。 省配線化することにより、配線スペースの縮小、配線コストの低減、作業工数の短縮、配線ミスの低減による施工信頼性向上・トータルコストの抑制など、様々なメリットがあります。        

2011年05月17日

ハーネス生産工程のコストダウンをしたいのですが・・・。

SenNavi をご利用いただくことで不良品の発生を大幅に軽減することができます。 検査工程から生産工程への手戻りを無くすことで、製造原価の低減に大きく貢献いたします。

2011年01月17日

広範囲のエリアを監視したいのですが・・・

当社の省配線ネットワークの通信距離は、3000mまで総延長が可能となっています。(通信低速時) また、LANのゲートウェイ機器(ネットタグ)を利用することにより距離の制約にとらわれないシステムを構築することも可能です。

2010年12月06日

多点のI/O情報を監視・制御したいのですが・・・

当社の省配線ネットワークは1チャンネルで入力1024点、出力1024点のI/O情報を扱うことができます。 複数台の「ニューロハブPCIボード」や「ネットタグRiB128」をパソコンと組み合わせることで大規模な監視・制御を行うことも可能です。

2010年12月06日

省配線ネットワークって何ですか?

例えば1000個のセンサーのON・OFF情報をパソコン上で監視したいとき、省配線を利用しない場合では1000本のデジタル信号線をパソコンのIOボードまで配線する必要があります。 ホロンの省配線を利用すれば、パソコンとセンサーの間に必要な1000本のデジタル信号線を省配線ユニットを介して2本の通信線に変換することができます。 これにより材料費や施工コストを大幅に削減することができます。

2010年12月06日

一日の作業スケジュールや作業履歴を管理したいのですが・・・。

事前に本体メモリに製作数量を設定しておくことで、その数までハーネスを完成させた時点で作業者にお知らせします。品種ごとに製作数量を設定しておくことができますので、作業スケジュール管理が容易にできます。 またSenNavi は作業履歴の保存機能も備えており、品種ごとの完成数と不良数を記録します。不良が発生した場合はどのような不良であったかも記録しているため、品質向上や作業効率の改善に活用することができます。  

2010年12月06日

突然のハーネス品種変更に対してスムーズに対応したいのですが・・・。

SenNavi は本体にメモリ機能を備えており、100品種までの作業内容を事前に登録しておくことができます。 特定の線材が不足し代わりの線材を利用したい場合や、少量多品種のハーネスの生産を行う場合においても、本体のスイッチで品種番号を選択するだけで直ぐに対応することができます。

2010年12月06日

作業者の教育にかかる時間と資源を抑えたいのですが・・・。

配線作業の指示はSenNavi がナビゲートしてくれますので、30分あれば操作を習熟し作業を始めることができます。 熟練作業員が急な事態で作業ができない場合であっても、新人作業員が即戦力として作業を行うことができます。

2010年12月06日

ハーネス検査工程で不良品が多くて困っているのですが・・・。

SenNavi は1 本ずつ導通検査しながら配線作業指示を行いますので、作業ミスがあった場合や線材に不良があった場合でも、作業者が直ちに気づくことができます。作業ミスを手直ししながら配線作業を進めることにより最終検査での不良品発生率を大幅に軽減することができます。

2010年12月06日